電磁波防御製品 テクノAO

電磁波防護製品唯一の臨床データの公開
テクノAO臨床実験 項目と関係者一覧(フランスで8年かけて研究される)
科学に基づく製品の創出 〜最新実験データの紹介〜
実験データ一覧へ戻る
携帯電話の電磁波がDNAに与える影響
img携帯電話がネズミの白血球のDNAの断片である小核形成に与える影響について、ネズミの腹腔のマクロファージで観察した結果です。小核が形成されると細胞機能不全、細胞死、癌の誘導危険性が指摘されています。
その結果、テクノAOは小核形成を減少させる重要な働きをしていることが実験で確かめられました。
RESEARCH DATA 09
研究者: ユービシェ・シモ博士(仏) (テクノラボ研究所) 2001年
試験対象: 健康なねずみ
試験期間
検査方法 :
健康なねずみに平均20cmの距離から携帯電話を使って電磁波を15週間に亘って被爆させた。
試験項目: 小核の発生状況
実験結果:
結 論:
電磁波の被爆はマクロファージに2つ以上の小核の形成と増加を引き起こす原因となった。この増加は、細胞機能崩壊が細胞の死(アポプトーシス)又は、発ガンの過程となることを意味します。
テクノAOは小核形成を減少させる重要な働きをしていることが実験で確かめられました。


COPYRIGHT (C) 2007.TECNO AO ASIA CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.