電磁波防御製品 テクノAO

電磁波防護製品唯一の臨床データの公開
テクノAO臨床実験 項目と関係者一覧(フランスで8年かけて研究される)
科学に基づく製品の創出 〜最新実験データの紹介〜
実験データ一覧へ戻る
携帯電話がカルシウムイオン濃度に与える影響
img携帯電話からの電磁波がネズミの脳下垂体細胞のカルシウム濃度に与える影響について15週間に亘りテクノラボ研究所(仏)で行われました。
その結果、携帯電話は細胞のカルシウムイオン濃度に影響を与え、細胞のストレスを増加させるが、テクノAOを付けることによりストレス増加の影響を相殺することが確かめられました。
RESEARCH DATA 10
研究者: ユービシィェ・シモ博士(仏)
フィリオン・ロビン(仏)、他 (テクノラボ研究所)
試験対象: ねずみ(1グループ15匹)
試験期間:
15週間
実験結果:

結 論:
900Mhz携帯電話放射でのネズミの長期暴露によりストレスが増大した。この影響は細胞内カルシウム濃度の増加によってもたらされたと判断できます。
携帯の電磁波は、酵素の働きと信号変換の改変、荷電イオンの移動、新陳代謝の変更、細胞ストレス等を招きその結果、神経系統に影響を及ぼすものと考えられます。
このストレス増加の影響は電磁気学的なテクノAOを携帯電話につけることにより相殺されました。


COPYRIGHT (C) 2007.TECNO AO ASIA CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.